外国為替取引を学ぶ:最強の初心者ガイド。

最新の初心者向けガイドでFX取引を学びましょう。通貨ペアとは何か、スプレッドとは何か、ロットとは何か、FXでのピップスとは何か、資金管理について学び、避けるべき間違いなどを知りましょう! プロのトレーダーからの洞察を得て、初心者でも通貨取引所(FX)市場で成功するために知っておくべき基本を学びましょう!

通貨ペアとは

通貨ペアとは

通貨ペアとは、ユーロと米ドルなどの異なる2つの通貨の組み合わせのことをいいます。EUR/USDのように表示されます。

EUR/USDを買うトレーダーは、ユーロの価値が米ドルに対して相対的に上昇すると推測していて、EUR/USDを売っているトレーダーは、米ドルの価値がユーロに対して上昇すると推測しています。

メジャー、マイナー、エキゾチック通貨のペアとは

メジャー通貨ペア主要通貨ペア)は世界で最も取引されている通貨ペアであり、EUR/USDはその中でも最も人気のある通貨ペアです。

メジャーペアは主に7つあります:

ペア通貨名称
EUR/USDユーロ(€)/ 米ドル($)Fiber
USD/JPY米ドル($)/日本円(¥)Gopher
GBP/USD英ポンド(£)/米ドル($)Cable
USD/CHF米ドル($)/スイスフランSwissie
AUD/USD豪ドル(A$) /  米ドル($)Aussie
USD/CAD米ドル($)/  カナダドル(C$)Loonie
NZD/USDニュージーランドドル(NZ$) /米ドル($)Kiwi

マイナーな通貨ペアは、メジャーな通貨ペアに比べて人気が低く、そして米ドル(USD)は含まれていません。マイナー通貨ペアの例としては、EUR/CHFとGBP/JPYがあります。マイナー通貨ペアはかなり流動性がありますが、メジャー通貨ペアの流動性に比べと低いです。

エキゾチックな通貨ペアには、USD / RUB(ロシアルーブル)やUSD / MXN(メキシコペソ)などの新興経済国の通貨が含まれます。 エキゾチックなペアはマイナーペアよりも変動性が高く流動性が低いため、取引コストが高くなります。

以下の利益計算機を試して、通貨ペアと損益の可能性はどんなものなのかをチェクしてみてください。

Cashback Forex - 外国為替計算機 
You must enter a valid number
お金の利益 --
ピップの利益 --
埋め込む < />

市場用語

市場用語

ここでは、最も重要なFX用語を見ていきましょう:

アスク価格とビッド価格 - アスク価格は商品が買える価格で、ビッド価格は商品が売れる価格です。アスク価格は常にビッド価格よりも高いため、最初はすべての取引が損失から始まります。

FXにおけるスプレッドとは、通貨を売る時の値段(BID)と通貨を買う時の値段(ASK)の差をいいます。この価格差で(手数料があるとことで手数料も含めて)銀行、ブローカー、ディーラーが利益を出しています。

ススワップレートまたはロールオーバーレートは、通貨ポジションを一晩オープンにしたままにするために追加または差し引かれる利息のことです。スワップレートがマイナスかプラスかは、買いのポジションなのか売りのポジションなのかで計算され、通貨ごとの金利差を基準にしています。

ショートポジションとロングポジションは売り持ちなのか買い持ちのポジションなのか表します。ショートポジションは「売り」ポジションを保有することです。ロングポジションは、「買い」ポジションを保有することです。

ベア&ブル市場は、市場のトレンドが説得力のある上昇か下降かを指します。 弱気相場では価格が下落しているのに対し、強気相場では価格が上昇しています。

CFDとは、差金決済取引(Contract for Difference)の意味です。 これらの製品により、トレーダーは、原資産の所有権を取得することなく、買値と売値の差額で決済して損益を出す仕組みです。 CFDは、外国為替、株式、指数、商品でよく使われます。

ピップスとは何か(値上がり)

ピップスとは何か(値上がり)

ピップスとは、「ピペット」の端数を除いて、FX市場の値動きの最小単位です。

ほとんどの通貨ペアでは、1ピップは0.0001です。 USD / JPYなどの日本円との通貨ペアの場合、1ピップは0.01です。 金属を取引する場合、金と銀の1ピップは0.01です。

EUR/USDが1.0925から1.0926まで変動する場合、1ピップス変動したことになります。5桁の価格設定では、EUR/USDが1.09255から1.09260に変動する場合、1/2ピップス変動したことになります。

ピップ値は通貨ペアによって異なりますので、当社の計算機を使用して簡単にピップ値を計算してください。

Cashback Forex - ピップス計算機 
You must enter a valid number
You must enter a valid number

スプレッド(取引コスト)とは

スプレッド(取引コスト)とは

金融商品(株式、FXなど)のスプレッドとは、Ask価格とBid価格の間の価格差を指します。スプレッドは、取引コストの一種であり、手数料がある場合にはそれも一緒に含まれます。スプレッドでは、各取引は、アスク価格で買い、ビッド価格で売るため、損失からスタートします。

EUR/USD スプレッドの例を見てみましょう:

 ビッド価格アスク価格スプレッド
4桁1.09281.09290.0001 = 1 ピップ
5桁1.092521.092570.00005 = 0.5 ピップス

ロット(Lot)とは(取引単位)

ロット(Lot)とは(取引単位)

FXを取引する際の通貨量の単位をロットと表現します。ロットは通貨の買付けや売付けが可能な最低取引単位を指す意味の用語で、実際のトレードではLot数ごとに外貨を購入したり売却したりします。具体的に取引に置き換えると1 ロットは10,0000通貨単位です。

ほとんどのブローカーは、0.01以下の小数ロットサイズでの取引を許可しています。 フラクショナルロットサイズは、ミニロット、マイクロロット、ナノロットと呼ばれることもあります。 サイズと単位を比較するには、上の写真を参照してください。

 今すぐ試してみよう! Cashback Forex - ポジションサイズ計算機: リスクを冒したい量に基づいて、ロットまたはユニットの観点から適切な取引サイズを計算します。

レバレッジとマージンとは

レバレッジにより、トレーダーはより少ないお金(証拠金)で大きなポジションで取引できるようになります、同時に利益と損失の両方が大幅に増幅されます。 レバレッジ取引は証拠金取引とも呼ばれます。

レバレッジ(てこ)は潜在的な利益と損失を増幅します。 たとえば、レバレッジなしでEUR / USDを1.0000で購入する場合、全損を取得するには、価格をゼロにするか、投資を2倍にするために2.0000にする必要があります。 100:1のレバレッジをフルに使用して取引する場合、100分の1の価格変動でも、同じ利益または損失が発生します。

マージン(必要証拠金)はFX通貨市場において、ポジションを開いて維持するために必要な入金額です。これは手数料や取引コストではなく、取引を開始するための入金額として口座残高の一部が割り当てられているだけです。損失からブローカーを保護するのが目的です。損失によりトレーダーの証拠金が事前定義されたストップアウト率を下回ると、1つまたはすべてのオープンポジションがブローカーによって自動的にクローズ(決済)されます。ブローカーからのマージンコール警告は、このような清算に先行する場合もあれば、先行しない場合もあります。

レバレッジの仕組み

100:1のレバレッジでは、トレーダーはレバレッジなしで100倍のポジションを建てることができます。例えば、EUR/USDの0.01ロットを購入するためのコストが通常1000ドルで、ブローカーが100:1のレバレッジを提供している場合、トレーダーは証拠金として10ドルだけ用意すればいいということです。もちろん、トレーダーはそれより低い価格でレバレッジをかけることもできます。

注意:レバレッジが高いとリスクが高くなります。ほとんどの専門家は、非常に低いレバレッジ比率を使用するか、まったく使用しないかの二択から意思決定をします、貿易あたりのリスクの割合も控えめに。

レバレッジの詳細については、当社の記事 FXにおけるレバレッジ、レバレッジの使い方」をご覧ください。.

トレードサイズとレバレッジに基づいて必要な証拠金を計算するには、弊社の便利な FX証拠金計算機をご利用ください.

マネーマネジメントとは

マネーマネジメントは、あなたの資金を守るための一連のルールであり、最終的にはあなたの取引口座の成長を支援します。

最も重要なルールは、口座資金のごく一部のみをリスクにさらすことです。 そうすることによって、あなたは避けられない損失に耐えることができるでしょう。 経験則として、多くのトレーダーは、取引ごと2%以下のリスクで取引をおこなっています。

ドローダウンとは

ドローダウンとは、最大資産から落ち込んだ場合の下落率を表します。あなたの証拠金が「過去最大額からどれくらい減っているのか」をあらわした数値です。

 今すぐ試してみよう! 

Cashback Forex - 破産リスク計算機: 取引ごとのリスク、勝率などに基づいてドローダウン確率を計算します。

Cashback Forex - ドローダウン計算機: 一連の連続した損失が与えられた場合のドローダウン効果を計算します。

ローソク足チャートとは

ローソク足チャートとは

ローソク足は、FXのチャートで最もよく使われるチャートで、始値(Open)、高値(High)、安値(Low)、終値(Close)の4本値の(OHLC)値動きを1日から一か月間まで指定された期間に沿って表示したものです。

価格が下落して下落した場合、ローソク足は赤に着色されます(陰線)。 価格が上昇して上昇した場合、緑色になります(陽線)

ローソク足チャートの動作を確認するには、無料の外国為替チャート をチェックしてください。

ローソク足パターンの詳細については、完全な記事「外国為替ローソク足パターン: 完全ガイド」をチェックしてください。.

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、過去の価格や値動きをグラフ化したチャートを見て、相場を予測・分析するものです。

RSIやMACDのようなテクニカル指標の助けを借りて、またはサポート/レジスタンス、フィボナッチリトレースメントのような他のツールとの組み合わせを用いて、資産の価格チャート上でストレートに実行されます。

成功したトレーダーの名言、「トレンドには逆らわずに、トレンドに乗った方がよい」と「馬が進む方向とは逆の方向に走らない」をモデルに長期的なトレンドに沿ったトレードを行い、明確なトレンドのない市場から離れた方が、より良い成功を収めることができるでしょう。

アナリストがトレンドを特定したら、次のステップは、そのトレンドの方向性を図り、そのトレンドがどこまでつづくのか、あるいはいつ枯渇するかを推測して、それが取引の機会になっているかどうかを評価します。上昇トレンドの時は最低価格で買いそして最高価格で売り、下降トレンドの場合はその逆を実行するという考えです。

トレンドはまっすぐな線にはなりません。だいたいジグザグに動き、徐々に高くまたは低くなって行きます。レジスタンス(抵抗線)は、為替レートが上昇している時の高値。サポート(支持線)は下降している時の安値のことを言います。レジスタンスレベルが販売してもいい価格であるのに対して、サポートレベルは、トレーダーが資産を購入しても構わないと思っている価格のことです。古いレベルは新しいものよりも強力であり、レベルが破られると、古いサポートレベルが新しいレジスタンスレベルになることもあって、その逆も可能です。

サポート、レジスタンス

マルチタイムフレーム解析とは

テクニカル分析は常に複数の時間チャートを見る必要があります、月次チャート(各ローソク足が1か月を表す)から1時間まで。週次や月次などの長期チャートでは主要な傾向を確認できます。日次や4時間などの中期チャートではベストな参入機会を特定するのに役立ちます。

経済指標カレンダーデータとボラティリティ

経済指標カレンダーデータとボラティリティ

世界各国の政府をはじめとするセクターは、常に経済成長やデータを測定・報告しており、信頼性の高い経済カレンダーはトレーダーのトップツールの一つです。

EUR/USDのような通貨ペアでは、米国の非農業部門雇用者数のような重要な雇用データが発表された後に生じるボラティリティーは、大きな動きや価格差を生み出す可能性があります。例えば、価格に50ピップのギャップが生じた場合、その50ピップの範囲内には流動性がなく、当分の間、取引を終了したり、新しい取引を開始したりすることができないことを意味します

主要な経済的または地政学的なニュースの発表中に取引を開始することはリスクを伴う可能性があります。 このようなニュースイベントから数秒以内に高いボラティリティが発生する可能性があります。

経済データが発表される前に、アナリストは結果を予測しようとし、コンセンサス推定が形成されます。 データが非常に重要であり、報告された値が推定値と大幅に異なる場合、高いボラティリティが発生する可能性があります。

経済指標カレンダーの使い方を学ぶ

各取引週の初めには、経済カレンダーのイベント名の横にあるインパクトのアイコンを使って、今後開催される高・中程度のインパクトのあるイベントを必ずチェックしてください。影響度の高いイベントは赤のアイコンで、影響度の高いイベントはオレンジ色のアイコンで表示されます。

カレンダーの「インパクト」の値は、そのレポートが市場に影響を与える可能性を表しています。経済レポートで発表されたデータが予測や予想と大きく異なる場合、そのインパクトは実現する可能性があります。そうでなければ、データが予想通りであれば、そのレポートはほとんど影響を与えないかもしれません。

トレーダーは通常、今後の経済イベントをカレンダーでチェックする理由は二つあります。1つ目は、潜在的にボラティリティが高い間にオープントレードをしないようにするため。2つ目は、そのボラティリティを利用して、新規または既存の取引のエントリーポイントとエグジットポイントを探すためです。

ほとんどのFX経済カレンダーでは、以下の重要な値が表示されています。

前月の値:前月の結果を表示します。前月が調整されることがあるため、変更される可能性があります。 この動きはボラティリティを引き起こす可能性があります。

予測またはコンセンサス値:経済アナリストのコンセンサスに基づいて予測を表示します。

実際の値:実際のレポート値を表示し、予測と大幅に異なる場合は変動の原因となる可能性があります。

インパクト:レポートの潜在的な影響の大きさは、イベント名の横にある色付きのアイコンで示されます。 赤は影響が大きいことを意味し、オレンジは影響が中程度であることを意味します。

弊社の経済指標カレンダー を頻繁にチェックして、今後のイベントへの影響を把できているかを確認してください。

外国為替で利用可能な取引注文タイプ

外国為替で利用可能な取引注文タイプ

マーケットオーダーとは、成行注文のことです。オーダーが入ったときに取引成立となり、その時点での為替レートにて取引が行われます。マーケットオーダーは注文することですぐに約定します。ただし、相場の状況により注文したときの為替レートと約定レートの数値が異なる場合があります、バイタリティー期間中は特に。これはスリッページとして知られています。ボラティリティや非流動性の高い時に成行注文を出すと、高いスリッページが発生することがあります。

リミットオーダーは、指定された価格で制限された売買注文です。マーケットオーダーとは異なり、使用される価格を完全にコントロールすることができます。注文価格が実行時に利用できない場合はもちろんのこと、注文が未記入になります。

指値注文の種類

指値注文は、注文時に注文が実行される価格を設定して、条件に応じて自動的に実行される注文方式です。有効期限を設定したり、取消までの有効期限(GTC)を設定したりすることができます。種類によっては、指値注文として執行されるものと成行注文(マーケットオーダー)として執行されるものがあります。

テイクプロフィット利食いにより利益を確定させる取引をいいます。

トレーリングストップは、到達した最高価格から一定の数ピップスを離れたところで取引を決済するための指値注文です。

ストップロスは為替レートが自分の不利に変化してきて損失が発生してきたときに、それ以上の損失を避けるためにポジションを決済する指値注文のことをいいます。

バイストップは現在の価格より高い価格で買い注文をする価格設定のことです。

セルストップ現在の価格より低い価格で買い注文をする価格設定のことです。

バイリミット現在の価格より低い価格で(底値)で買い注文をする価格設定のことです。

セルリミットは現在の価格より高い価格(天井値)で買い注文をする価格設定のことです。

ストップ指値注文は、指値注文としてのみ実行されると説明されているストップ注文のように機能します。

外国為替取引のリスク

新規トレーダーにとって最大のリスクは、十分な知識と経験がないまま取引を行うことで、しばしば大きな損失につながります。

大きな取引をするために高いレバレッジを使用すると、銀行の残高が0になったり、最悪マイナスの残高保護を提供していない場合はマイナスになったりする可能性もあります。

また、ブローカーの規制当局が提供する預金保険がない場合、ブローカーが廃業し、投資を失う可能性だってあります。

メタトレーダー取引プラットフォームとは

メタトレーダー取引プラットフォームとは

メタトレーダーは、最も人気のあるサードパーティのFX取引プラットフォームで、ほとんどのブローカーが提供しています。チャートといくつかのテクニカル指標が組み込まれているため、ユーザーは簡単にFX取引を行うことができ、ブローカーによっては、株式やインデックス、コモディティ、暗号通貨のCFDも可能です。

「エキスパートアドバイザー」と呼ばれる自動取引ロボット(EA)、テクニカルインジケーター、およびスクリプトは、C ++と同様の単純なプログラミング言語を使用してMQL言語エディターで簡単に構築できます。 エキスパートアドバイザーは、組み込みの戦略テスターを使用して、過去の価格データでバックテストすることもできます。

これらのアドオンの多くは、無料でダウンロードしたり、様々なウェブサイトで購入することができます。

FXでトレードするための最良の時間帯

FXでトレードするための最良の時間帯

24時間の世界の外国為替市場は、主要な金融拠点がビジネスを行ったり経済データを報告する時間をもとに、大まかに4つの取引セッションに分かれています。

  • 北米 - 米国ニューヨーク
  • アジア - 東京、日本
  • アジア太平洋 - オーストラリア、シドニー
  • ヨーロッパ - イギリス、ロンドン

取引量が最も多い期間中、動きの速い価格は機会を生み出す可能性が高く、スプレッドも最も低くなります。

最も活発な取引期間は通常、ニューヨーク時間の8:00から12:00までのロンドンとニューヨークの4時間の重なりであり、一般的に外国為替を取引するのに最適な時間と見なされています。 シドニーと東京も24:00〜6:00GMTの間に重複しています。

取引するのに最適な時期と最悪の時期について詳しく知りたい場合は、外国為替を取引するのに最適な時期についての記事をご覧ください。.

外国為替デモ口座を開設して練習を始める方法

外国為替デモ口座を開設して練習を始める方法

デモ取引口座では、実際のお金を失うリスクなしに取引を練習できます。 初心者にとっては、取引プラットフォームの使い方や適切なポジションサイジングなどの基本を学ぶのに最適な場所です。リアルマネー取引に伴う感情は実際の取引とは異なるため、初心者がリアルマネー取引を卒業した後も、続行する必要があります。

デモ口座を開設してすぐに取引の練習を開始するには、以下の表で、世界で最も人気のあるブローカーのいくつかへのリンクを確認してください。

ブローカー利用可能な地域口座を開設する
IC Markets Forex Broker
IC Markets
米国を除いて、ほとんどの地域では利用可能です無料デモ口座

ライブ口座
XM Forex Broker
XM
米国を除いて、ほとんどの地域では利用可能です無料デモ口座

ライブ口座
IG USA Forex Broker
IG USA
アメリカ合衆国無料デモ口座

ライブ口座

最高の外国為替ブローカーを選択する方法

新しいブローカーを選ぶときは考慮すべきいくつかの大事な要素があります。中には、規制および預金保険、価格設定、執行、および顧客サービスが含まれます。

外国為替ブローカーリストページをチェックし、フィルターを使用して、規制、預金保険、マイナス残高保護、レバレッジ、価格設定、ユーザー評価、セントアカウントなど、ほぼすべての基準に基づいて最適なブローカーを見つけます。ライブチャットも可能です。 または、追加のサポートが必要な場合はメールでお問い合わせください。

最良のブローカーを選択する際には、以下の追加記事も役立つのでご覧ください。

最終的な考察

プロのFXトレーダーは非常に規律正しい人たちで、あらかじめ決められたリスクと資金管理のルールを守って定期的に取引を行っています。FX市場は収入を得る機会を提供することができるとはいえ、ゆっくりと、必要な経験を積むべきです。規律を守り、必要に応じて独立したファイナンシャルアドバイザーを探しましょう。